教育・進学・支援活動 


 進学ガイダンス
 
 
 外国籍の子どもを持つお父さんお母さん、保護者の皆さん、
 子どもたちの高校進学をどう考えていますか?
 
 FILSでは、富士市教育委員会・学校教育課と協力して
 外国人児童生徒が高校進学するための情報提供やアドバイスをするために
 2005年から毎年1回
 進学ガイダンスを行っています
 
 日本語力不足や学力不足、学校制度の複雑さなどから
 中学卒業と同時に社会へ出てしまうことの多い外国籍市民ですが
 彼らが今後豊かな人生を送るために、
 高校進学を強く勧めています
 
 ガイダンスでは、日本の学校教育システムの説明や
 高校受験に必要な学力とその準備、スケジュール
 また、高校受験から入学、3年間にかかる費用などを
 わかりやすく説明します
 通訳もつきます
 
 こどもたちには、面接の練習を行ったりします
 
 主に、中南米・アジアから3〜16家族、10〜40名の参加があり
 毎年、実際に高校へ進学した生徒がいます
 
 中学3年生とその保護者の方はもちろん
 中学3年生以下の学年でも歓迎です!
 高校受験の情報収集と準備は早めに始めましょう
 
 
 
 
 
 保護者懇談会
 
 
 
 外国籍の子どもを持つお父さんお母さん、保護者の方々は
 日本に住み始めると、まず母国と日本の学校の違いに驚くことでしょう
 
 こどもたちは、言葉がわからないまま、
 母国と全く違うシステムの学校で
 言葉を覚え、さまざまな教科を学んでいかなければなりません
 初めて体験する行事や、日本特有の決まりや習慣もたくさんあります
 
 FILSでは、そんな方々が互いの悩みを共有し相談できるように
 また、子ども達が少しでも早く 日本の学校になじんで、勉強できるように
 保護者懇談会を通じてサポート・アドバイスを行っています
 
 2002年の開設当時からこの取り組みに力を入れ、
 外国籍児童・生徒の教育に関する講演会・カウンセリング・シンポジウムなどを
 行いました
 
 現在はポルトガル語・スペイン語で話す懇談会を行っています
 今までこんなテーマで話し合いました
 
 「こどものことを母国語で話そう」
 「生活の言葉と学習の言葉の違い」
 「成績表”あらわれ”の見方と学習方法」
 「学校についての質問」
 「中学の勉強ってどんなもの?」
 
 母語でこどもの学校・学習の悩みや不安を話せるよい機会です
 是非参加してみませんか?
 
 
 
 
 
 外国籍児童のための
夏休み学習サポート教室
 
 
  
 
 毎年夏休みに行っている
 外国籍児童を対象とした学習サポート教室です
 ボランティアの先生が子どもたちに夏休みの宿題や学びたい内容を教えてくれます
 先生1人につき児童1-2人で、ていねいに指導してくれます
 市内外の、高校生からシニアまで幅広い年代の方々がボランティア先生として活躍しています
 
 場所は 富士見台小学校 ラホール富士 富士市交流プラザ の3会場
 7月最終週と8月第1週の2週間の午前か午後に行っています
 
 
 
 
 
 外国籍の子どもたちの夏休みの宿題のサポート教室にお手伝いをして下さる 高校生、大学生、社会人の皆さん、
 7月にはぜひFILSへお問い合わせください
 
 外国籍の子どもを持つお父さん、お母さん、子どもたちが夏休みの宿題を終わらせることができます
 また、勉強でわからなかったところが、わかるようになります
 学校を通じて申込みができます
 ぜひ子どもたちを参加させてみませんか
 
 
 
 小学生のひらがなクラス
 
 ひらがなたまごクラス 
   

  4月から小学校に入学する外国籍のこどもがひらがなを学ぶクラスです
 
 12月から3月まで毎週日曜日の午後にあります
 
  
 
  
 
  
 
 異文化理解講座へ
 講師派遣

 
 
 
 小学校 中学校 高校やまちづくりセンターからの要請を受けて、
 外国の文化(言葉・料理・ゲーム・遊び・衣服など)を紹介する外国人講師を派遣しています

 

 
 
 外国人支援ボランティア
 研修会

 
 
 外国人をサポートするためのボランティア(日本人・外国人)について一緒に考えていく研修会です
 今まで「異文化理解ワークショップ」 「地域防災ネットワークづくり」 などについて話し合いました